2009年07月03日

部屋の向き

本土では、部屋は南向きが好まれると思います。

私もそうでした。。。

しかし、沖縄で最初に住んだところは、部屋が北向きでした。

仕方がないなーと思っていましたが。

それがまた、涼しくてよかった。

南向きだったら暑かったかも。

風通しがよかったので
洗濯物もふつうに乾くし、快適だった。

風通しも重要です。

最悪なのが西向き、沖縄の西日はそれはそれは暑い。

西向きだけは辞めましょう。

西向き以外で風通しがよければ、私は良いと思います。

しかし、西日の良いところは、午後に選択しても西日で十分に洗濯物が乾くんです。

また、昼間の強い日差しで洗濯物を乾かすと、ごわごわに。。。色あせも早い気がします。

[注意]
ここで書いたのはあくまでも私個人の主観です。ご了承ください。





posted by アルテスタッフ at 19:02| Comment(0) | 沖縄移住Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

アパート・マンションの契約に必要な物と保証人

沖縄への引っ越しでアパート・マンション等の賃貸住宅を契約する場合に必要な物は

1)入居申込書
 (不動産会社で記入します)
2)転出証明書
(確認あるいは不動産会社でCOPYするだけで原本は戻ってきます)
3)免許証、保険証、パスポートなど本人確認が可能なもの
4)印鑑(認印)
5)契約時に必要なお金(敷金、前家賃、保証料、共済会費、家財保険等)
不動産会社に確認してください。

保証人について

・基本的に沖縄在住でないと保証人になれません。
・保証人が居ない場合は、大部分の不動産会社で保証会社を使うことで「保証人無し」でもOKになります。
例)契約時に月額家賃の50%、以降毎年更新で年間12,000円

※これらは、ある不動産会社の例です
posted by アルテスタッフ at 13:14| Comment(0) | 沖縄移住Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

コンテナでの引っ越しで注意すること

本土からの引っ越しの場合、家族での引っ越しであれば、コンテナを使うと思います。

コンテナは基本的に詰め込みです。

かなり丈夫なプラスチック製のケースもかなりの重さに耐えきれなくて割れてしまうことがあります。

私も割れていました。

補強できればやって置いた方が良いです。

これはある程度しょうがないことです。

運送屋さんに入れ方をお願いしようにもコンテナはきっちり詰め込む必要がある物ですそうでないと中が崩れてその方がもっと大変なことになるかもしれません。

s-P3250042.jpg
(このコンテナは、「12フィートコンテナ」です。)

私の引っ越しの時もできるだけお願いして私も確認しながらやったのですが、何度もパズルのように出し入れしてやっていただきましたがある程度仕方がないことです。

s-P3250043.jpg
電子ピアノはかなり重たいですが、一番上に置いてもらいました。
(よかれと思って足を外しておいてのですが、外さない方が良かったらしいです。気になる物は事前に相談してください。)


運送屋さんに後でクレームを言うのはかわいそうかもしれません。

そこで、自家用車も運ぶ場合、大事な物は自家用車に入れるか(自家用車に入れた場合、万一の保証は車だけになります)別途、宅配便等で送りましょう。

また、車は自分で港まで取りに行けば、1日早く受け取れます。
1日でも早く受け取りたい場合は、車の中は良いと思います。

私は、デスクトップPCと部屋の掃除道具、カーテン、寝具を車に入れました。

[アルテ中島]
posted by アルテスタッフ at 02:22| Comment(0) | 沖縄移住Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

照明器具は持ってこなくても良いかも。

東京やその周辺のアパートやマンションには、通常、照明器具は付いていませんでした。その為に引っ越しの度に照明器具も持っていくか購入する必要がありました。

しかし、沖縄では、照明器具がすでに付いているところが多く。
必要ありませんでした。

照明器具は意外とかさばります。よほどのお気に入りでなければ持ってくる必要はありません。

私の場合、マンションの3部屋の内、2部屋が埋め込み式で交換不可、
1つを持ってきたお気に入りの物に交換して使っています。

元々、付いていた物は、箱に入れて押し入れの奧にしまってあります。
(結構かさばりますが。。。)
外した備え付けの照明器具は、自己責任で大切に保管してください。不動産屋さんに預けることはできません。

※気に入った物件があったら、照明器具が備え付けかご確認ください。

[アルテ中島]
posted by アルテスタッフ at 10:00| Comment(0) | 沖縄移住Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

賃貸物件の浴室

沖縄の賃貸アパートの浴室には、浴槽が無いものが多い。
シャワーだけの人も多いので浴槽が必要ないんです。
いくら暖かいところと言ってもゆっくりお湯につかりたい方は、浴槽があるかも注意して見てください。

最近では、浴槽付も増えてきましたがまだまだ浴槽無しも多いです。

浴槽無しは沖縄の気候にあっていて決して悪い物ではありません。
浴槽がない分浴室が広いし。。。良いところもあります。

浴槽が無い場合でもホームセンターに行けば、青いポリの浴槽が安価で手に入ります。

また、シャワーだけの浴室には、洗面所も併用の場合もあります。
不動産会社にご相談ください。

posted by 亜流亭 at 16:42| Comment(0) | 沖縄移住Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

照明器具は不要

首都圏の賃貸アパートには、通常、照明器具は付いていないので引っ越しのたびに持って行くか買わないといけません。
しかし、沖縄のアパートには、照明器具が付いているところが多くわざわざ持って行く必要はありません。自分の好みで変えるのは良いですが引っ越しの際に保管しておいた元の照明器具に戻さなくてはいけません。

※念のため、引っ越し先に照明器具がつけられているかご確認ください。

アルテ中島 wrote.
posted by アルテスタッフ at 21:51| Comment(0) | 沖縄移住Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

引っ越し荷物はコンテナで

沖縄への引っ越しは、陸続きでないので通常船便になり、荷物はコンテナに詰めて運びます。基本的に料金はコンテナサイズが大きく左右します。
一般的なコンテナは、「10フィートコンテナ」 これは4畳の部屋に詰め込める荷物量を目安に考えると良いようです。金額は25万円程度です。「12フィートコンテナ」 これは6畳の部屋に詰め込める荷物量が目安で金額は25万円〜30万円程度です。「20フィートコンテナ」 これは9畳の部屋に詰め込める荷物量が目安で金額は40万円程度です。私の時は「12フィートコンテナ」になりました。それに車(ミニバン)が6〜7万円程度かかるようです。
大体、30〜35万程度かかりそうです。ちなみに単身パック程度の少量は大手の運送屋さんの方が安いそうです。また、本土からの輸送と沖縄からの輸送は比べると沖縄からの方が安い。理由は、本土からの船は沖縄への日用品や食品等の物資で満載ですが沖縄からの船はガラガラなので空よりは安く物を運ぼうと言う考えからです。

見積もりは、沖縄の運送屋さんにもご相談して見積もってもらいましょう。

ちなみに私が、車の輸送を大手自動車会社系に見積もっていただいたところ15万円以上の金額を言われました。

con10.jpg
con12.jpg
con20.jpg

※重要:コンテナに詰めるわけですから、下に置く物は相当な加重を受けます。大切な物は、別途宅配便等で送るか車も送る場合には車の中に入れましょう。
また、荷物が沖縄到着後、車は自分で取りに行けばコンテナの荷物より先に受け取れます。1日でも早く受け取りたい物は車に入れましょう。
船便ですので荷物を送ってから沖縄到着まで5日〜7日程度掛かります。もっと早く受け取りたい物は宅配便を利用しましょう。
引っ越し先の住所にまだ住んでいない場合には、宅配便の営業者に直接受け取りに行きましょう。



アルテ中島 wrote.
posted by アルテスタッフ at 22:02| Comment(0) | 沖縄移住Tips | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。